「転職の進め方」

転職の進め方とは?

今の職場に満足できず転職を検討している人の中には、どのように転職を進めてばいいのかよく分からない人も多いことでしょう。

今回は転職活動の正しい進め方について考えていきます。

現職と転職活動の両立

基本的に転職をする際は、在職中に転職活動をし、内定が決まってから現在のお仕事をやめるというのが望ましいです。

退職後、どの企業からも内定がもらえないとなれば大変ですから、何かしらの理由がなければ在職中に転職活動をしていくのが正しい順番です。

それでは、今の仕事と転職活動を両立するためのコツを考えてみましょう。

内定が決まるまでは同僚や会社には伝えない

在職中に転職活動をするとなれば休日だけではなかなか進まないため、平日の出社前や通勤中、お昼休みなどに時間を充てる方も多いでしょう。

その際に注意しなければならないのは、同僚や上司に知られないことです。
もちろんお互いの関係性にもよりますが、あなたがやめる事で同僚は仕事のしわ寄せがいく可能性があり、あまりいい感情は持ちません。
特に上司は部下に辞められることを極力避けようとします。
部下の転職の意向を知れば考え直すように説得するというのは良くある事なのでそのあたりを考えた上で転職をいつ伝えるのかを考える必要があります。

転職先から内定を得るまでは、同僚や上司には極力知られないようにしておくことが大切です。

在職中を考慮してくれる企業

「在職中なのに転職活動をしていると、応募先企業に与える印象が悪くなるのではないか?」と不安に思う人もいると思います。
しかし、現在では在職中に転職活動をすることが一般的にもなっていますので、応募先企業に与える印象の差はほとんどありません。
むしろ現在の仕事の状況を正直に伝えることで、応募先企業の人事担当者は現職に対して配慮してくれるため、面接日の調整などがスムーズに進むこともあります。

一方で、企業によって欠員募集の場合などはなるべく早い入社を望んでいるところも多いです。 在職中に転職活動をするのであれば急募ではないところに応募することが無難です。
応募先企業がどういった経緯で募集をかけているのかを知っておく事も必要になります。

転職活動の時間が確保できない時は

現在のお仕事が忙しく転職活動の時間が確保できない方もいると思います。
転職理由の1つに残業の多さをあげる方も少なくありません。
そんな方には転職エージェントを利用するのも1つの方法です。
転職エージェントでは、あなたの経歴等を参考にして希望する条件に見合った求人情報を探してもらえます。
自分で求人を探す手間が省けるため、それだけ多くの求人を見つけることができます。
また、求職者の履歴書や職務経歴書の書き方、面接日の交渉、対策などキャリアコンサルティングを無料で受けることができます。
転職活動をしてもなかなか内定を得られない場合には、自分では気づかない点が理由で不採用になっていることが多いです。

エージェントを利用することで採用される確率が上がるため、一度相談してみるのもいいでしょう。

完全無料の転職支援サービス
JOB DOORのご登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
お申し込みフォーム

少しでも転職についてお悩みでしたらまずはご相談ください!

なかなか踏み出せない転職、お金の悩みや仕事の悩み、人間関係・・・
色々な理由があると思います。
そんな悩みを一人で抱えずに転職の専門家にご相談下さい。
JOB DOORは完全無料です。

転職サービスに無料でお申し込み

転職お役立ちニュース