「面接時のマナーについて」

おさえておきたい面接時の基本マナー

転職活動をしていく中で、面接が決まったら、面接時のマナーはチェックをしておきたいところです。
自己PRをする前に、マナー不足で悪い印象を持たれてしまうのは避けましょう。

受付・控室でのマナー

面接会場に到着するまでの時間にゆとりを持つことで、遅刻を防ぐだけでなく、面接で話すことの事前確認を行うことができます。 遅延や交通機関のトラブル等、不測の事態に備えてゆとりを持って面接会場には到着しておきましょう。

約束時間の10分前には到着する

応募した企業には10分前には到着する様にして、携帯電話の電源は必ずOFFにしておきましょう。
また、早すぎる到着もマナー違反となりますので約束の時間まで待ってから、受付にもうし出る様にしましょう。

遅刻は厳禁!!!

面接には絶対に遅刻しないこと。面接中にどんなに良いアピールができても遅刻してしまったことで、あなたの印象はかなり悪くなってしまいます。電車の遅延、交通機関のトラブル等が発生した場合は、途中の駅でいったん降りて採用担当者に必ず電話を入れましょう。

受付への対応にも気を使う

面接会場に着いたら、まず受付で訪問の趣旨を伝え、採用担当者への取次をお願いします。
企業によってはここでの対応をチェックする可能性がありますので、受付への振る舞いには気をつけましょう。

入室時のマナー

面接室に案内されたら、落ち着いて入室しましょう。

ドアをノックし、「どうぞ」と言われたら入室

入室時には、軽くドアをノックし、面接官の返事を確認してから開けましょう。ドアを開ける際は後ろてでしめるのはマナー違反になりますので、ドアの方に向き直ってから閉めます。

待つ場合は下座の位置に立って待つ

面接官が後から来るケースでは、案内係に席を指定されたりしない限りは、出入り口から一番近い下座の横に採用担当者が来るまで立って待ちます。

挨拶とともに一礼

採用担当者が入室したら、正面を向き「本日はよろしくお願いいたします。」と挨拶をし、一礼します。

面接中のマナー

履歴書や必要書類の持参を支持されている場合は、面接時にすぐに取り出しやすい場所に入れておきましょう。

名刺は名前を名乗り受け取る

採用担当者から名刺を差し出されたら、名前を名乗ってから丁寧に受け取りましょう。 その際には在籍している企業の名刺を渡す必要はありません。 名刺は向かって左側においておきます。

姿勢良く

面接中は、椅子に浅く腰をかけ、背筋を伸ばし両手は膝の上に乗せておくのが綺麗な姿勢です。

退室時マナー

面接が終わったら、書類や名刺等をカバンにしまい退室します。
面接が終わったからといって、最後まで気を抜いてはいけません。

一礼して退室

面接が終わったら、まず、席を立ち「ありがとうございました」と面接のお礼を伝えます。そしてドアの前でもう一度一礼してからドアを開けます。

最後まで気配りを

面接終了後、出口やエレベーターまで採用担当者が誘導してくれるケースがあります。別れるときには「こちらで失礼いたします」と一言伝えましょう。面接会場を出てからも面接を受けた企業の社員の方や関係者が見ていないとも限りません。 面接は家に着くまで気を抜くことがない様に気をつけましょう。

面接を成功させるために

面接では、準備が整っていない状態で応対する姿勢を見られてしまいます。
面接の成功において一番大事な要素は「事前準備」につきます。
採用担当者の名前から、質問事項の予測まで、考えられることは全てシミュレーションをした状態で面接を受けるのが望ましいです。

また、面接では緊張をしてしまい、思った様に自分のアピールができないという方も少なくありません。

それは、あなたが採用担当者、面接官から「見られている、試されている」という気持ちからくるものです。

あなたが、数ある求人の中から働きたいと思い応募した企業は本当に転職する価値のある企業かどうかを見極めるための面接であることも忘れないでおきましょう。

そうすることで、面接に臨む姿勢が変わってくるのではないでしょうか。

 

あなたの転職活動を応援するJOB DOOR
ご登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
お申し込みフォーム

 
少しでも転職についてお悩みでしたらまずはご相談ください!

なかなか踏み出せない転職、お金の悩みや仕事の悩み、人間関係・・・
色々な理由があると思います。
そんな悩みを一人で抱えずに転職の専門家にご相談下さい。
JOB DOORは完全無料です。

転職サービスに無料でお申し込み

転職お役立ちニュース