「企業が求める20代の特徴とは」

今では、20代で転職することは珍しくなくなってきました。

しかし、企業から見た場合20代という若さでの転職は、スキルが実績がまだ充分ではない場合が多いです。

そんな中で、自分自身をどのようにアピールするべきか悩んでいる転職希望者も多いことでしょう。

今回は20代の転職で、採用担当者や経営者に「欲しい」と思わせる、具体的な特徴を4つご紹介したいと思います。

年代によって求められる特徴の違い

企業が欲しがる人材の特徴を把握しているのとそうでない人では採用確率が大きく変わってきます。

どんなに高いスキルや実績を持っていても、企業が求める人材像とマッチしていなければ、企業側に「欲しい」と思わせることはできません。

そしてその特徴や人物像は年代によって異なります。
企業が20代に求める特徴は、以下の4つです。

ポテンシャル・基礎能力

企業からすると20代の仕事上のスキルや実績を30代、40代と比べて充分ではないことは確かです。

20代の転職では第二新卒と位置付ける企業も多い中で、採用担当者が20代に求めるのは即戦力となる能力ではなく、育てればゆくゆくは活躍してくれる「ポテンシャル」を持ち、なおかつ社会に出て培った「基礎力」を持っているのが採用担当者や、経営者が望む20代の人物像であることでしょう。

それは、社会人としてのマナー、前職で何を学びこの仕事に活かせるのかといった部分が評価されることになりますので、社会人としてどのような立ち振る舞いをするかということを考える必要があり、それこそが第二新卒の肩が持つアドバンテージになります。

マッチしたビジョン

・この会社に入って何がしたいのか
・なぜこの会社を選んだのか

と聞かれた時に、明確なビジョンや目的を応えられることは重要であり、自分の目標やビジョンが企業の掲げている企業理念やビジョンとかけ離れたものではいけません。

あなたが転職を望んでいる企業が掲げるビジョンや企業理念がどのようなものか、ホームページなどでリサーチし相違がないかを事前に確認しておくことで、企業の求める人材を把握しておくことができます。

長く勤める覚悟

企業にとって、採用活動とは多額の費用と時間がかかる活動であり、その多額の費用と時間をかけて育てた人材が、数年で退職されることほど辛いことはありません。

「長く勤める人物か」「すぐに辞めないか」
これは20代の転職に限らず、採用担当者が採用を決める上で重要なポイントになります。

また、20代で転職活動をしている人に対して「うちでもすぐにやめるのでは?」と考える採用担当者も多くいます。

そのためにも前職を退職した経緯については前向きな理由を述べることが重要です。

「社内の人間関係に嫌気がさした」
↓↓↓
「社内の人間と協調性を持って働きたい」

「サービス残業が多くて疲れてしまった」
↓↓↓
「成果を正当に評価してもらえる環境で働きたい」

ネガティブな転職理由しか思い浮かばないという人は、そのネガティブな理由と同時に「転職によって何を実現したいのか」を考えることでネガティブな退職理由を前向きに言い換えることができるようになるはずです。

素直・誠実

企業は、「既存の社員や職場に馴染める人物かどうか」という点も大切にしています。

どんなに自分の能力や実績があろうとも、入社した際は0からスタートし、先輩や上司から素直に学ぶ姿勢、仕事に真摯に取り組む意欲があることを伝えましょう。

企業によって求める人物像の違い

今回紹介した企業が求める20代の特徴ですが、会社によってはもっと厳しい条件が求められることもあります。

即戦力を求める企業であれば、今までの実績や高いスキルが求められますし、転職先のポジションによっても求める能力は変わります。

このように企業によって求める人物像は細かく異なるため、募集概要や企業理念を会社のホームページをしっかりと確認し、応募を出す前に入念に確認しておくことが重要です。

 

あなたの転職活動を応援するJOB DOOR
ご登録はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
お申し込みフォーム

少しでも転職についてお悩みでしたらまずはご相談ください!

なかなか踏み出せない転職、お金の悩みや仕事の悩み、人間関係・・・
色々な理由があると思います。
そんな悩みを一人で抱えずに転職の専門家にご相談下さい。
JOB DOORは完全無料です。

転職サービスに無料でお申し込み

転職お役立ちニュース